FC2ブログ

Love In The World

花男の二次小説書いてます。CPは司×つくしです。 甘甘~大人まで主に結婚直前や新婚書いてます。まだまだ拙い文ですが遊びに来てくださると嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Link

花より男子



ONE HAPPY O'CLOCK:ひー様


超絶奔放姫様天国様:清水いいち子様


Four Season:(ゆ)様


etc.(読み物のある場所):skysky-7様
*成人向けの閲覧制限のある作品もございます。


:)はなどり:VOVO様


処女-Virgin-:友綺香様


SPACE BIG LOVE:HARU様





0574 W.S.Rランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

他にも二次小説サイトさんがあるのでぜひポチッと











スポンサーサイト
  1. 2015/08/17(月) 23:45:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

パスワードについて

こんばんは。管理人のたいやきです。


現在当サイトでは、大人向け記事につきましては、パスワードをもうけさせていただいてます。


正直拙い文章で規制をかけるのも微妙なものですがそれでも読みたいというかたは頑張ってパスワードを考えてください。


以前パスワード申請してくださったかたには申し訳ないのですが、なかなかお返事が出来ず、パスワードを公開することにしました。


パスワードは以前と変わりません。







パスワードのヒント

私の好きな芸能人の名前のニックネーム(いくつかありますが最もメジャーなもの)を半角英小文字でお願いします。
○○○○○○○○です。

聞いても教えてあげないよー(アッカンベー)←大人げない


小説やあとがき読んでたら絶対わかるので安心してください。





リクエストも募集中です。
よかったらリクエストしてください!


  1. 2015/04/02(木) 14:57:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

結婚っていったい…最終回前半

「あいつ…泣いてんのか??」



「司、お前今度のはやりすぎだぞ。牧野はお前と結婚したくないって言い出してる。このままだとマジでヤバイぞ。」




「司、牧野は妊娠している。確かに父親はお前だが、あんま結婚結婚って刺激すんなよ。」



「牧野、マタニティーブルーなんじゃない?」






マタニティーブルー…




妊娠した女がなるというあのマタニティーブルー…






「司さん。あなた、今度という今度は…やってくれましたね。あなたは財閥の次期後継者の自覚がないのです。」



そこにはきっちりとスーツを着た道明寺楓が立っていた。




「おどきなさい。」




「ババア牧野に何する気だよ。その封筒なんだよ!!まさか…それ小切手じゃねぇだろうな」




「いいから、おどきなさい。」



「どくわけねぇだろ!!てめぇに牧野を会わせるわけねぇだろ!!」



「言葉で言ってわかりませんか!だからあなたは自覚がないと言っているのです。」




「あの…近所迷惑なんで、よかったら、入ってください…」



そこには少し目を腫らした牧野がドアの隙間から覗いていた。







「どうぞ」



牧野にしては高価そうな茶碗にそそくさとお茶を二つ用意してくれた。




俺はそれを一気に飲み干すと、ババアを睨み付けた。



これから何をするつもりなのだろう。という監視の意味も込めて。



ババアはそんな俺を一瞥すると牧野に向かっていった。



「牧野さん。できの悪い息子ですが、よろしくお願いします。」




「え………」





楓が持っていたのは、小切手でもなんでもない、一枚の婚姻届だった。




短いですがここで区切り。
  1. 2012/05/21(月) 14:03:44|
  2. 結婚っていったい…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚っていったい…後編の後編

後編の後編ってなんだ…




「で、つくしちゃんは逃げ出してきちゃったわけ。」



プロポーズされてしまったわたしは思わず逃げ出し、そのまま家に行ったら道明寺が追いかけて来る気がして優紀の家に潜り込んだ。



今は道明寺には会いたくない。
結婚や妊娠って女にとっては凄く大きいものだと思う。
結婚するなら私だって道明寺って思ってるし、赤ちゃんが出来たってわかったときはとにかく嬉しかった。
自分が独身だとか、そういうこと抜きにして、好きな人の赤ちゃんが自分にいるって、嬉しかった。




でも、嵌められたってのが気に入らない…
人生を左右するこの大事を自分の気持ちだけで嵌めた道明寺が気に食わなかった。





優紀の家には何故か西門さんがいて、事情をしった西門さんが美作さんを呼び出して、こうなったらと花沢類も呼び出された。




何故か優紀の家にはF3が勢揃い。




てか何故いた西門…




「司も中々やるな~
童貞童貞とばかりからかってきたが俺らんなかで一番に孕ませちまうんだかんな~」




「ちょっと総二郎さん!
つくしの一大事なんです!!
真面目に答えてください!!」




ちょっ総二郎さんってあんたらの関係も気になるよ…



「優紀…西門さんとは…」




「とにかくつくし!つくしの気がすむまでいつまでいてくれてもいいからね!!」



私の言葉は無視されたけど、こういうときの優紀は強い。




「ったく、ピルの代わりにマカ飲ませるなんぞ、司のやつよっぽど牧野と結婚したかったんだな。」




「ってか毎日って、司のほうこそマカ飲んでんじゃねぇの」



「ちょっ、なんで毎日って…」



「司の様子見てたらわかるよ。ビジネスのときも牧野に会った次の日は交渉しやすいしね。」




花沢類にもバレている…あのビー玉みたいな綺麗な目に見つめられると、自分が凄い汚れた存在に…ってか大丈夫か!?日本経済!!




「で、どうすんだよ。結婚すんだろ?司と。」




「………」



「おいおい、しねぇなんて訳じゃねぇよな。」



「結婚なんてしたくない。
今の道明寺なんかと結婚したくない!!」




「どうすんだよ。お前妊娠までしてんだぞ!しかも相手は道明寺の御曹司だ!!ただじゃいかねぇことくらいわかってんだろ!?」




「やめてください!!つくしは今ナイーブなんです。あんまり刺激しないでください!!」




その日は優紀の家に泊めてもらった。セミダブルのちょっと大きめのベッドで、優紀に慰めて貰いながら眠りについた。




追い出されたF3は、玄関の外に司が立っていたことに驚いた。







  1. 2012/05/21(月) 14:02:46|
  2. 結婚っていったい…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚っていったい・・・(後編)

会社の同僚とお昼を食べていた私に、突然の吐き気が襲ってきたのは、近くのケータリングカーの匂いからだった。

いつもはすんごく好きな匂いで、でもちょっとお高いからなかなか買えない憧れのケータリングカー…



その時はオールナイトの次の日だったしきっと疲れていたんだと思っていた。



そのうち同僚たちの香水の匂いもダメになった。



元々あまり得意ではない香水だけど吐くほどじゃなかった。



道明寺は最近すごく優しい。



体調が悪そうな私を優しく介抱してくれるし、もちろんエッチも控えてくれている。



優しく抱き締めて貰うとすごく幸せな気分で眠りにつける。



「ありがとう。道明寺…」



「何いってんだよ。俺の大事な大事な牧野が体調が悪いんだ。看病しないでどうする。俺の事は気にしなくていいから、お前は自分の体のことだけ考えてろ。」


あぁ、なんて優しい道明寺。



幸せ…すんごい幸せ…



この人となら、結婚してもいいかもしれない。



昼間も思った。



結婚について。



もう結婚してもいいかもしれない。



きっとこいつなら私の事を大事にしてくれる。



こいつとなら一緒に幸せになれる。



いったい私は何と戦ってたのだろう。



もう十分働いたじゃないか。



そしてもう十分道明寺も待った。



もういいじゃないか。結婚しても。




そう思ってたのは二日前の私。







そして今。






同僚に妊娠を疑われ、まさかと思いつつ使った妊娠検査薬。



そこにはくっきり陽性のサイン。




撤回!!二日前撤回~!!!!



でも避妊はしてたはず。ピルって99%以上も避妊できるはずだよね!?



ピルを飲むことででる、生理不順も治ってきたり、肌だってきれいになってきた。よくいう太りやすいっていうのがなかったけど私に合ってるんだと思ってた!!



でも原因はあのピルしか考えられない。








「これは、マカですね。」





「マカは、美肌効果や生理不順に効くと言われています。また、妊娠しやすくなるとも。勿論、漢方なので副作用はありません。」




道明寺にもらったピルをもって産婦人科に急いだ。
やっぱり私は妊娠していた。



おのれあのやろう…マカなんぞ飲ませやがって…しかも妊娠しやすくなるだと!?それでまたピルの副作用が一緒だとは…よくぞ…




「道明寺~!!」



「おいおいおい、あぶねぇだろ走ったりしたら。」



「ほうっなんで私が走ったら危ないのよ。」



おのれ確信犯!!



「そっ…それはだな、お前が…」



初めて避妊しなくなった時から自分のものだとか征服欲だとか、言ったりしてた。
それから毎日エッチしてた。それは私を妊娠させるため!?体調悪いって言ったとき介抱してくれたのはお腹の赤ちゃんを心配してたため…



この事に気づくまでは純粋な愛の形だと思っていた。それが全てこいつの策略だったとは…




「結婚前から騙したりするような人とは結婚出来ません!!」



「なっ!!」



「この子は私が育てます。あばよっ!!」



「ぬっ」




あいつはそう言って立ち去ろうとしていた私を後ろから抱き締めてきた。




「ちょつ、離してよ!!」




「離さない」




「もう絶対離さない。」




「結婚しよう。」







つづく









マカはピルみたいにきっちり28日周期にはならないと思いますが、他の副作用がピルに似てたので使わせていただきました。
間違ってたらすみません。



0574 W.S.R
  1. 2012/04/21(土) 14:38:22|
  2. 結婚っていったい…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。